So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ケアプランの自己作成率、要介護者の0.01%(医療介護CBニュース)

 全国マイケアプラン・ネットワークはこのほど、「全国保険者調査から見えてきたケアプラン自己作成の意義と課題」と題する報告書をまとめた。それによると、ケアプランを介護支援専門員(ケアマネジャー)に依頼せずに自己作成している人の割合は、要支援の認定者で0.04%、要介護で0.01%にとどまった。

 調査は昨年7月に実施。全国1629の市町村にアンケートし、896の市町村から回答を得た。それによると、ケアプランを自己作成していたのは、要支援で82万8017人中360人、要介護で234万8724人中312人だった。

 市町村の支援体制については、パンフレットに「自己作成ができる」との記載があるのは全体の22.1%。市町村の担当者で介護支援専門員実務研修修了者は57.3%だった。自己作成の普及に対する意識については、「積極的」が3.8%、「消極的」が58.9%、「分からない」が35.2%だった。


【関連記事】
参院選を控え提言書を作成−神奈川県介護支援専門員協会
要介護認定見直しや職員の待遇改善求める―高齢社会をよくする女性の会
6月に「介護保険ホットライン」
常勤従事者は年収450万円以上に―介護クラフトユニオンが提言書
労組3団体からヒアリング―民主・介護議連

首相辞任で農水省「口蹄疫、やるべきことをやるだけ」(産経新聞)
ベストバイの Twitter 活用術(前編)〜従業員2,100人が、たった1つのアカウントで生活者と対話する
いちよし証券元課長を追送検 顧客から詐取(産経新聞)
<民主代表選>「この国を立て直すことが第一の仕事」 菅新代表の当選あいさつ(毎日新聞)
生活困窮者を先手“囲い込み”大阪の4市「囲い屋」撃退へホテルと提携(産経新聞)

焦土の東京、写真にはっきり=最後の大空襲前後―地図センター(時事通信)

 東京最後の大空襲といわれ、約4000人が犠牲となった1945年5月の「山の手空襲」の前後に米軍が空撮した写真を財団法人日本地図センターが米国立公文書館で発見し、入手した。空襲前は密集する家々の屋根が黒く写っていた東京都心部や新宿渋谷目黒などの地域が、空襲後は白色に変わっており、焼失の様子がはっきりと分かる。
 同センターによると、米軍は戦時中、日本本土の空襲を実施したり結果を判定したりするために、軍事施設や都市部の空中写真を撮影。同センターは米国の秘密指定が解除された写真について2004年から調査し、今回の写真は昨年見つかった。
 入手したのは、45年5月24〜25日の山の手空襲に備える偵察のため同月17日に空撮された写真や、空襲後の5月28日の写真など。同センターは有償で提供する。 

【関連ニュース
帰還者の聞き取り資料公開へ=「研究者にも重要」

仕分けは経営介入か? 尾立氏「社内対立に入っちゃった」と困惑(産経新聞)
アレルギー対策基本法案を提出―公明党(医療介護CBニュース)
クリントン米国務長官、21日に来日(読売新聞)
家出人数は8万1600人=7年連続減少―警察庁(時事通信)
元裁判所職員を取り調べ 非弁活動容疑で大阪地検(産経新聞)

【フラッシュナビ】春版大掃除の実践者、2年前から43・9%増(産経新聞)

 INAX(愛知県常滑(とこなめ)市)が3月、20歳以上の既婚女性500人を対象に実施した掃除に関する調査によると、春から初夏にかけての大掃除「スプリングクリーニング」を実施する人は平成20年の調査の12・6%から56・5%に増加している。

 春の大掃除について良いと思う理由を聞いた質問(複数回答)では、「暖かいので体を動かしやすい」(92・6%)が最も多く、「窓を開けはなしても寒くない、水仕事がラク」(88・7%)、「暖かいので掃除をやる気になる」(72・2%)が続いた。

 一方、毎年恒例となっている年末の大掃除については、82・9%が「新年を気持ち良く迎えるために必要」と考えており、84・5%が昨年末に大掃除を行ったという。昨年12月に大掃除をした人のうち、57%が2月から8月に大がかりな掃除を実施すると答えている。

 春の大掃除を行う時期については、4月が40・9%、5月が44%と、両月に集中していた。

【関連記事】
収納術 春からスッキリ 本棚や壁面、上手く使って
クリナップがお掃除教室 悩める主婦に“秘伝”の技
【お江戸単身ぐらし】(4)部屋づくりは苦しき哉
「小6は粗大ごみ。卒業式は大掃除の日」 福岡の教諭が暴言を謝罪
ベッキー・クルーエル、粋に浴衣でもんじゃ
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

区立小に包丁と脅迫文=「児童に危害」−東京・江戸川(時事通信)
「普天間」政府案難点だらけ「沖縄の負担変わらず」(読売新聞)
「この程度が望ましい」=取材対応批判に反論−鳩山首相(時事通信)
普天間「県外に命懸ける」=社民議員、官邸前で抗議(時事通信)
龍馬も気に入る? 大阪市の造幣局で「龍馬硬貨」の打ち初め式(産経新聞)

指揮者・ゲルハルト・ボッセ 88歳が紡ぐ“みずみずしい音楽”(産経新聞)

【プレミアムシート】

 88歳。余人には計り知れない長く深い物語がある。しかしこの人の音楽に老成の二文字はない。指揮すれば、いつも新鮮でみずみずしい音楽が紡ぎ出される。

 「何度も演奏した曲でも毎回いきいきとしたものを立ち上げ、生まなければならない。楽譜を読むごとに知識は増えるのだから」

 大阪・高槻に住む。精力的に指揮を続ける傍ら、名バイオリニストとして後進の指導にもあたる。「ステージの上に立つ人間は、作曲家が伝えようとした音楽内容を、感動として聴衆に伝えることに、全力を傾けなければいけない」と信念を語る。

               ◇  ◇  ◇

 早くから才能を示し、ライプツィヒ音楽大学に入学するが、その青春時代は第二次世界大戦下にあった。

 「ナチス統治下で、ユダヤ人作曲家のメンデルスゾーンの協奏曲は弾くことができなかった。同様にヴィニャフスキやヴュータン、イザイなど技術を身につけるために学ばなければならない作曲家にも触れることができなかった」

 しかし、何度もあった徴兵検査を病気などで不合格となったおかげで貴重な経験も。占領下のオーストリア・リンツにドイツの精鋭を集めてできた「リンツ帝国ブルックナー管弦楽団」で弾くチャンスを得て、若きカラヤンやフルトヴェングラーの音楽に触れた。「フルトヴェングラーにはクライマックスまで自然と連れていかれた。今でも指揮の参考にしている」

 終戦後の1955年秋からは世界屈指のオケ、ゲヴァントハウス管弦楽団の第1コンサートマスターに就任し、東独政権下で楽員をとりまとめる重責も担った。「団員の中にはシュタージ(国家保安省)の協力者がいたため、同僚同士でもオープンになれないなど極度の緊張があった。外の世界の人には分からないでしょう」と静かに話す。

              ◇  ◇  ◇

 外貨を稼ぐために世界中に演奏旅行をした。初来日は昭和36年。まだ新幹線もない時代に東京福島、大阪、福岡と縦断した。「印象的だったのが聴衆の集中力の高さ」と語る。

 「ライブのときだけに起きることだが、演奏家が発信して聴衆が受信した後、聴衆の感動が見えない気のようなものになって返ってきて、演奏家の演奏がさらに高揚することがある。それを日本では強く感じる」

 平成6年からは東京芸術大学に招聘(しょうへい)されて、日本に居を移し、いまも後進の指導を続ける。「私の仕事は教育者として生徒を音楽家の扉まで連れて行くこと。そこからは生徒自らが扉を開かねばならないが、私の場合は時代を超えてきたのでいろんな経験の積み方を教えることができる」

 今月9日には、その才能を高くかっている郷古廉、三浦文彰という10代のバイオリニストを擁して高槻現代劇場でコンサートを開く。6月には神戸市室内合奏団を振ってR・シュトラウスなどを演奏する。

 音楽とともに進めてきた歩みは止まらない。長い物語はまだ続いていく。(文・安田奈緒美、写真・安元雄太)

 ■ゲルハルト・ボッセ プロフィル 1922年、ドイツ生まれ。音楽教室を営んでいた父親の影響でバイオリンを始める。ゲヴァントハウス管では30年以上第1コンサートマスターを務めた。日本では霧島国際音楽祭を創設。近年は指揮活動に専念し、神戸市室内合奏団音楽監督、新日本フィルハーモニー交響楽団ミュージック・アドヴァイザーなどを兼任する。5月9日午後3時からは、高槻現代劇場で大阪センチュリー交響楽団と共演し、バッハの2つのバイオリンのための協奏曲などを指揮する。

【関連記事】
エキストラ活動と学費工面 ラジオ番組「君の名は」でも演奏
日仏クラシック映画が激突 「のだめカンタービレ」VS「オーケストラ!」
シンセサイザーと生のオーケストラ融合 冨田勲、日本フィルと演奏会
上野樹里「のだめ」大団円へ 生っぽさ、見てほしい
小澤征爾さん、ウィーンフィルの指揮断念
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

放置自転車 大阪・北新地にあふれる…ホステス通勤で駐輪(毎日新聞)
雑記帳 五十鈴川の伏流水使った「横丁サイダー」人気(毎日新聞)
仙台教諭殺害 自宅裏に血痕付き足跡 北へ数百メートル、犯人逃走か(産経新聞)
メーデー 全国一斉に集会開催(毎日新聞)
可視化は重大事件限定も 千葉法相(産経新聞)

「会社に不満」殺害認める 一家3人遺棄容疑 社員ら4人逮捕(産経新聞)

 長野市内の会社経営の男性と息子ら計3人が行方不明になり愛知県西尾市の資材置き場から遺体が見つかった事件で、長野県警は15日、死体遺棄容疑で、男性が実質的に経営する建設会社の従業員、伊藤和史容疑者(31)=長野市真島町真島=ら男4人を逮捕した。捜査関係者によると、4人のうち一部が3人の殺害を認めていて、県警は殺人容疑での立件も視野に捜査を進める。

 見つかった3人の遺体は韓国籍で会社経営、金文夫(きん・ふみお)さん(62)と、息子の良亮さん(30)、良亮さんの内縁の妻の楠見有紀子さん(26)=いずれも長野市真島町真島=と確認された。

 逮捕容疑は、共謀の上、愛知県西尾市の資材置き場に金さんら3人の遺体を埋めて遺棄したとしている。県警によると、4容疑者のうち3人は容疑を認めているという。

 金さんは複数の会社を経営しており、4人のうち伊藤容疑者ら3人は従業員だった。捜査関係者によると、一部の容疑者は「会社でいじめられるなど不満があった」と供述しているという。

 捜査関係者によると、3月下旬に金さんら3人の捜索願が親族から長野南署に出されていた。容疑者の一部から金さんらの遺体を遺棄したことを認める供述が得られたため、資材置き場を捜索していた。

 一方、10日には金さんが借り主となっている長野市内の貸倉庫で、沖縄県出身の職業不詳、宮城浩法さん(37)の遺体が発見されており、県警は関連も調べている。

【関連記事】
「ストレスがたまっていた」 門真の元少年 傷害致死容疑で送検
時事通信記者の過労死認めず 「月134時間」の残業は「過重労働」認定
泣き叫ぶ姿「面白い」 子供で遊ぶ「ペット虐待」親たち
女性に排せつ物投げた容疑で会社員逮捕 好みの女性を物色
娘揺さぶりで逮捕の母「首絞めても罪悪感を感じぬ」 堺女児虐待死
外国人地方参政権問題に一石

<キセル乗車>相鉄が車掌解雇 定期券の入出場記録不正操作(毎日新聞)
自民党 舛添氏「新党の『し』の字も話していないのに…」(毎日新聞)
<鉄道事故>東武東上線踏切で男性はねられ即死 東京・豊島(毎日新聞)
<事業仕分け>川端文科相が枝野刷新相に苦言(毎日新聞)
都の漫画児童ポルノ規制 民主、代案提出を検討(産経新聞)

福山市立大など10校の設置を諮問(産経新聞)

 文部科学省は16日、福山市立大と京都華頂大など大学7校、私立短大1校、私立大学院大学2校の設置認可を大学設置・学校法人審議会に諮問した。いずれも来年度の開設予定。

 このうち福山市立と京都華頂の両大は、既存の短大廃止に伴う新設、ほかの5校は専門学校から大学、大学院大に改組する。

 内訳は次の通り。かっこ内は学部、短大では学科、大学院大では研究科。

 【公立大】福山市立(教育、都市経営)=広島県福山市=【私立大】東京医療学院(保健医療)=東京都多摩市=▽日本映画(映画)=川崎市=▽京都華頂(現代家政)=京都市=▽大阪物療(保健医療)=大阪府堺市=▽宝塚医療(同)=兵庫県宝塚市=▽純真学園(同)=福岡市=【短大】埼玉東萌(幼児保育)=埼玉県越谷市=【大学院大】文化政策(文化政策学)=京都市=▽滋慶医療科学(医療管理学)=大阪市

【関連記事】
人間健康学部の新キャンパス、開校式 関西大
早稲田“一期生”252人が入学式 佐賀の系列中・高
常翔学園が来年4月に中学校を開校 大阪
お化けの世界、楽しんで 京都に“大学”オープン
谷村奈南が青学卒業 合コン誘われず「寂しかった」
外国人地方参政権問題に一石

<文科省>天窓の安全管理の徹底求める通達 鹿児島の事故で(毎日新聞)
堺事件容疑者「泣かれイライラした」(産経新聞)
政権公約「基本は変えぬ」=小沢民主幹事長(時事通信)
懲罰委員長に浅野氏内定=自民(時事通信)
カジノ議連きょう発足 パチンコ換金、合法化検討(産経新聞)

「左右をよく見て」新1年生対象の交通安全訓練(産経新聞)

 新たに小学校入学した児童たちに交通ルールを学んでもらおうと、警視庁は6日、墨田区向島の区立小梅小学校で、新1年生を対象とした交通安全訓練を行った。池田克彦警視総監は「横断歩道を渡るときは左右をよく見て」「道路には飛び出さないで」と呼びかけ、実際に児童たちと一緒に横断歩道を渡った。

 この日、同校で入学式を迎え、新1年生となった児童は約40人。児童たちには帽子に付ける黄色い交通安全ワッペンが配られた。その後、池田総監を先頭に近くの国道交差点に移動し、手を挙げ横断旗を掲げながら交差点を1周した。

 参加した黒羽美(み)瑛(えい)ちゃん(6)は「緊張したけどうまく渡れた。これから右と左を見て手を挙げて渡ります」と元気に話していた。

【関連記事】
ワゴン車炎上 子供だけ…相次ぐ悲劇 専門家「常に危機感持って」
小学校入学時、母の不安は「犯罪」「事故」
「参加してよかった」高齢者対象の交通安全教室開催 警視庁大塚署
ピッカピカの1年生を守れ みずほなど「黄色いワッペン」贈呈
一日署長・押切もえ、横断歩道で笑顔
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<鳩山邦夫氏>新党参加は見送り(毎日新聞)
給食パン、原則米粉入りに=県レベルは全国初−岡山県(時事通信)
星川清司さん、08年に死去=実は5歳年長で直木賞受賞最高齢に(時事通信)
北アルプス 「乗鞍スカイライン」除雪作業始まる(毎日新聞)
幹事長に園田氏=参院選候補の擁立急ぐ−「たちあがれ日本」(時事通信)

職場でのがん検診、積極的には「実施していない」が61%(医療介護CBニュース)

 がん検診受診促進企業連携推進事業(がん検診企業アクション)事務局が実施した「がん検診に関する意識調査」の結果によれば、職場で「がん検診を積極的に実施しているか」との質問に対して、「実施していない」とする回答が61.0%に上った。一方、「実施している」は22.3%にとどまり、「分からない」が16.8%だった。「分からない」と回答した人に、その理由を尋ねたところ、「情報が入ってこない」「案内が無い」「検診項目にがん検診とは記載されていない」などが多く見られたという。

 がん検診企業アクションは、厚生労働省の委託を受けて電通が企業や団体と共に、がん検診受診率50%を目指すプロジェクト。

 調査は3月4、5の両日、20-40歳代の会社員400人を対象にインターネット上で実施した。

 調査結果によれば、「定期的にがん検診を受けるべきだと思うか」との質問では、「思う」が93.7%、「思わない」が6.3%だった。
 また、「がん検診を意識して受けたことがあるか」では、「定期的に受けている」が12.8%、「受けたことがある」が18.8%、「受けたいと思っているが、受けたことがない」が58.2%、「受けたいと思っておらず、受けたことがない」が10.3%だった。

 がん検診を「定期的に受けている」「受けたことがある」と回答した人に、検診を受けようと思った理由を尋ねたところ(複数回答)、最も多かったのは「職場の健康診断の項目にあったから」で56.3%だった。以下は「市区町村から受診の連絡があったから」(29.4%)、「健康状態に不安があったから」(24.6%)などと続いた。

 一方、がん検診を「受けたいと思っているが、受けたことがない」「受けたいと思っておらず、受けたことがない」と回答した人に、受けない理由を質問したところ(複数回答)、「検診にお金がかかるから」が44.9%で最も多かった。次いで「今のところ特に体に異常が見られないから」(43.8%)、「がん検診を受けるタイミングが分からないから」(43.1%)、「検診へ行く時間がないから」(35.0%)、「がん検診をどこで受診できるのかを知らないから」(31.8%)などの順だった。


【関連記事】
「がん早期発見に優先的に取り組む」−全国大会で長妻厚労相
乳がん啓発へ医療現場があの手この手
がん予防検診「非常に高い優先順位」―民主・仙谷氏
「がん検診50%推進本部」を設置―厚労省
がん検診受診率向上、カギは対象者の把握

秋葉原 防犯カメラ設置…無差別殺傷の現場周辺に34台(毎日新聞)
<殺人未遂>母親刺した疑い、15歳長男逮捕 京都(毎日新聞)
練習中に倒れ植物状態、4億円賠償求め両親ら提訴(読売新聞)
<ダイハツ>「タント」「ムーヴラテ」などをリコール(毎日新聞)
<自民党>「逆仕分け」で反転攻勢(毎日新聞)

沖縄の理解に全力=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は1日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先決定に当たり地元の了解を前提とする方針を党首討論で表明したことに関し、「沖縄はじめ全国の国民の理解を求めるということで、まさに文字通り、理解を求める。これに尽きる話で、あとは全部、政府にお任せいただきたい」と述べた。首相公邸前で記者団が「何をもって沖縄県民の理解を得たと判断するか」と質問したのに答えた。 

【関連ニュース
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
退路断った鳩山首相=普天間、5月決着に展望なく
鳩山首相、温暖化対策を柱に=政権公約会議が初会合
郵貯「肥大化しない」=預入限度額引き上げ

看護管理学会が都内で緊急フォーラム(下)(医療介護CBニュース)
「特急」と運転士勘違い、京急で駅通過ミス(読売新聞)
横路衆院議長、左足骨折し入院(読売新聞)
府議会自民会派の現職執行部ら8人が橋下知事の「大阪維新の会」合流へ(産経新聞)
<中国毒ギョーザ>天洋食品元従業員を逮捕 待遇に不満か(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。