So-net無料ブログ作成

【中医協】10年度診療報酬改定を諮問−長妻厚労相(医療介護CBニュース)

 長妻昭厚生労働相は1月15日、2010年度診療報酬改定を中央社会保険医療協議会(中医協)に諮問した。これを受けて中医協では、昨年末に決まった診療報酬改定の基本方針と改定率(本体部分プラス1.55%)などを前提に、報酬の配分をめぐる議論をスタートさせた。

 中医協は同日の総会で、これまでの議論を踏まえた「2010年度診療報酬改定に係る検討状況について(現時点の骨子)」を取りまとめた。これを受けて厚労省は、現場や患者の意見を4月の改定に反映させることを目的に、「現時点の骨子」に対するパブリックコメントの募集を同日から開始。さらに中医協は22日、福島市内で公聴会を開く。来年度の改定案は2月中旬にも答申される見通しだ。

 15日にまとめた「現時点の骨子」は、13日の総会に厚労省が提示した「これまでの議論の整理案」に、それ以降に上がった意見を反映させたもの。15日には、勤務医の負担軽減策の一環として、病院による勤務医の処遇改善を促す文言の追加を求める意見などが出たため、厚労省による当初案を一部修正した。
 具体的には、勤務医の負担軽減策に関して、当初案で「負担を軽減するための取組を推進」としていた文言を、「処遇を改善し、負担を軽減するための取組を推進」に修正。その上で、負担軽減と共に処遇改善につながる体制づくりを要件にする点数を拡大する方向を示した。

 また、当初は「一般病棟入院基本料」だけを想定していた入院早期の加算引き上げの方針については、特定機能病院なども念頭に検討すべきだとの声を反映し、「一般病棟入院基本料等」について検討する内容に表現を改めた。

 レセプト並みの明細書については当初、患者への発行を義務付ける医療機関を拡大すると共に、保険薬局にも発行を義務付ける方針を示していたが、全患者への無償の発行義務化を検討すべきだとの声があったため、「その要件や内容については検討する」との文言を新たに加えた。

 このほか、病院と診療所の再診料の統一では、診療所の点数引き下げに反対する意見があり、統一の「具体的な内容」を検討することになった。


【関連記事】
【中医協】入院早期の加算引き上げへ、15対1は引き下げを検討
【中医協】調剤報酬改定、一包化薬調剤料見直しなどが重点項目
【中医協】診療報酬上の地域性への配慮、次回以降に結論
【中医協】「中医協の権限縮小の意図が政権に」−診療側・安達委員
ここまで進んだ 10年度診療報酬改定めぐる審議

有床診の発展には「制度的位置付けを」−日医検討委が報告書(医療介護CBニュース)
天下り監視機関を新設へ=官民人材交流センターは廃止−政府(時事通信)
断てぬ「利益誘導」政治…田中・金丸直系の小沢幹事長(産経新聞)
電子レセプト請求が7割超え―支払基金(医療介護CBニュース)
新型インフル 輸入ワクチン「承認が適当」 初の特例承認へ 厚労省薬事分科会(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。